17.8.26

料理教室

 ここ最近の長期休みで恒例となっている、子どもたちに向けた料理教室を開催しました。当日はフードバンクからいただいた食材を使用し、日頃から支援してくださっている方々に先生とお手伝いをお願いしました。

 楽しんでご飯を作るということもありますが、一人でもご飯を用意できるようになることが目標で、そのため、子どもたちでも簡単に作ることができるおにぎりとサンドイッチを作りました。

 まずはおにぎりから。ツナや梅干しなどそれぞれが好きなものを入れてにぎっていきます。その一方で、にぎるというよりも造形するといった方が相応しいような、手に収まりきらない、ソフトボール大のおにぎりを作って大人にプレゼントしていた中学生もいました。

 次にサンドイッチ。ゆで卵の皮を剥き薄くスライス。バター、ジャム、ハムなどを準備して、それぞれがパンをスライスして甘いサンドイッチとハムのサンドイッチを作りました。具材をいっぱい挟む子、ゆで卵のスライス2枚とマヨネーズで顔を作る子、バターをパンに均等に塗り、丁寧に具材をのせていく子。こういうちょっとしたことにそれぞれの個性があらわれていました。中学生の女の子たちは、ハム、ゆで卵、マヨネーズ、そしてカット野菜を綺麗に挟んでカフェ風に。このあたりはやはりしっかりしていると言うのか、洒落ていると言うのか、小学生たちとの違いを感じる一場面でした。

 これがきっかけで簡単でも少しだけ工夫して自分でご飯を用意できるようになってくれたらと思いつつ、和気あいあいとした中で、子どもも大人も楽しそうに過ごしていたことが良かったと思えた料理教室でした。

 食材を提供してくれたフードバンクの方、先生とお手伝いをしてくれた大人の皆さま、誠にありがとうございました!

DSC04952_Middle.jpg