20.12.9

「『国民の声』を聴く会」への参加

10月末のこととなりますが、出入国在留管理庁の「『国民の声』を聴く会」という取り組みに参加し、入管庁より3名が来塾して情報交換等を行いました。
「『国民の声』を聴く会」は「多文化共生社会の実現に向けた様々な課題の把握及びその対応策の策定のための検討に資するよう、地方公共団体、経済団体、労働団体、外国人支援団体を含め、多文化共生施策に係る意見等について、広く関係者の声を聴くことを目的として昨年設置された」会です。

以下のリンクより議事要旨を見ることが出来ます。宜しければご一読ください。

http://www.moj.go.jp/isa/policies/coexistance/nyuukokukanri01_10143.html

※「2020年度 第2回(10月27日開催)」が信愛塾が参加したものです