18.4.18

信愛塾文庫 第5集 出版のお知らせ

在日外国人250万人時代に入った今、外国人との共生は避けて通れません。この4月から明治学院大学国際関係学部に移られた阿部浩己先生の講演記録を信愛塾文庫第5集として出版しました。共生社会を築いていくためには信愛塾のような「現場」と学校・行政など関係機関との連携は極めて大切です。それと同時に国際人権法を人権保障の理論として活用していくことも求められています。人権を実現するための義務の担い手は誰で、市民の責務は何かを一緒に考えましょう。

詳しく見る

180413_bunko_05_Middle.jpg